英語レッスン:ブルドッグ

みなさん、こんにちは。

町田英会話 ロンドンブリッジイングリッシュのジャスティンです。

さて、レッスン中に私が良く使っているマグにブルドッグの絵がついているのを見たことがある人も多いと思います。
ロンドンブリッジイングリッシュのマスコット、とでも言いましょうか。

これ、English Bulldogです。
一般的にBulldogとは、British BulldogかEnglish Bulldogのことを指します。


ブルドッグは昔からイギリスに馴染みがあり、BBCは、“勇気と決断力を象徴するブルドッグはイギリスのマスコット”とまで記載したそうです。
現に、第二次世界大戦時のウィンストン・チャーチルはブルドッグにたとえられたほどです。

骨太で筋肉質、つまり結構がっしりとしており、くしゃっとしている顔は、慣れない人にとっては少し怖さもあるかもしれません。
でも、意外と優しい性格で特に子供と仲良くなる傾向があるがために、家庭のペットとして人気があるそうです。

対照的なのはフレンチブルドッグです。こちらはブルドッグより一回りほど小さく軽めです。
小柄なため、見た目もそれほど怖くなく、よく日本でも見かけますよね。

みなさんが思うイギリスとゆかりのある動物はなんですか?
次のレッスンで教えてください!

 

Hello!

This is Justin from Machida Eikaiwa London Bridge English.

Some of you may have noticed the bulldog on the mug that I use during our lessons.
This is the “unofficial” London Bridge English mascot.

It’s an English Bulldog, sometimes also called British Bulldog.

Bulldogs have been long associated with English culture, with the BBC stating “to many the Bulldog is a national icon, symbolizing pluck and determination”. 

In fact, during WW2, Winston Churchill was often likened to a bulldog for his stance against Germany.

Generally thick boned and muscular, with a scrunched up face, bulldogs may look scary to some. Actually, they have an even temper and are quite kind, often forming close bonds with children, making them excellent pets.

In contrast to English bulldogs are French bulldogs. They are sort of a “cousin” to the English counterpart but smaller in stature. We see many of them in Japan as pets, as they appear less scary than the bigger English bulldogs.

I’m curious to know what animal you associate with England?
Tell me at your next lesson!

ジャスティン・チャレナ
Justin Challener

 

#Machida #Eikaiwa #LondonBridge #bridge121 #LBE #町田 #英会話 #ロンドンブリッジイングリッシュ #断然スキルアップ #English #skillup #スキルアップ #machidaeikaiwa #町田英会話 #privatelesson #grouplesson #business #businessenglish #TOEIC #familylesson #プライベートレッスン #グループレッスン #ビジネス英語 #ファミリーレッスン #マンツーマン #留学 #イギリス留学 #studyabroad