英語レッスン:トイレ

みなさん、こんにちは。
町田英会話ロンドンブリッジイングリッシュのジャスティンです。

今日の英語レッスンは、よく使う「トイレ」についてです!

トイレを意味する単語はいくつかありますが、一番よくつかわれているのはToiletです。
こちらは、便器やその部屋を指します。

Loo(ルー)は主にイギリスで使われますがToiletと同様便器や部屋を意味します。
アメリカではLooとはあまり使わないのでそこは少し注意したほうが良いですね。
逆にアメリカでは、トイレがある部屋をbathroomとよく使います。

WC は会話ではあまり使われませんが、標識にはよく使われます。
WC は Water Closet の略で、トイレのスペースを意味し、便器を指す時には使いません。

また、女子トイレ・男子トイレを使い分けるときは、the ladies’ room / the men’s roomなどとも言います。

上品な言い方をすると、”I’m going to powder my nose“が使われます。
鼻に粉をはたく → お化粧をする → トイレに行く、というニュアンスです。

トイレ一つで、いろいろな言い方がありますよね。日本語も同じだと思います。
こういういい方はあるの?と質問などあればぜひ聞いてください。

 

ジャスティン・チャレナー
Justin Challener

#Machida #Eikaiwa #LondonBridge #bridge121 #LBE #町田 #英会話 #ロンドンブリッジイングリッシュ #断然スキルアップ #English #skillup #スキルアップ  #町田英会話  #TOEIC  #プライベートレッスン #グループレッスン #ビジネス英語 #ファミリーレッスン #マンツーマン #留学 #イギリス留学 #studyabroad #Eiken #英検 #スピーキングレッスン #無料体験レッスン #無料体験  #英語学び #学び